2011年09月29日

  できることを 何か

  東日本大震災の被災地の幼稚園・小中高等学校に
  対し楽器関連の復興支援を行う
  「こどもの音楽再生基金」のことを知ったとき
  娘が金管バンドクラブに入っていることもあって
  これはぜひ賛同したいと思いました。

  単に自分が寄付をして終わり、でもよかったのかも
  知れませんが、もうすこし踏み出せないかと思って
  大学生のYちゃん、Mくんに相談したのが始まりで
  そこで活躍してくれたのがしっかり者の大学生のんちゃんでした。

  この基金に対して子供たちにもできる形にしたくて
  募金箱をおかせてもらいたい。
  音楽を通してできることは何かないかな。
  こんな思いをのんちゃんが愛媛大学吹奏楽団と繋げてくれました。

  10月24日に開催された愛媛大学吹奏楽団オータムコンサートにて
  募金箱の設置をさせていただき、
  またコンサートの間のアナウンスでも
  この基金への協力を呼びかけていただいたおかげで
  16402円が集まりました。
  団長さんをはじめ忙しい中ご協力いただいたみなさん
  また賛同していただいた皆様、本当にありがとうございました。

  お店の方でも設置している募金箱とあわせて
  明日振り込ませていただきます。

  最終的な振込金額等は後日お知らせさせて頂きます。


  微力ではあるけれど無力ではないと信じて
  できることの何かを、続けていければと。
posted by cafebc at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48243180

この記事へのトラックバック